福井大学医学部

精神医学

研究内容紹介

精神疾患の生物学的基盤を明らかにし、その発症予防や早期介入、診断法の確立および治療のあらたな開発に寄与することを目標に研究を進めています。研究の分野は、動物モデルを用いた基礎的研究から、各精神疾患を対象とした臨床研究までを広く網羅しているのが特徴です。
基礎的研究としては、ラットの新鮮脳切片を用いた脳代謝研究として、向精神薬の脳内グルコース代謝、ミトコンドリア機能に及ぼす影響とその分子メカニズムについての研究、気分安定薬の作用機序解明に関する研究、亜鉛などの微量元素が情動に及ぼす影響に関する研究を行っています。
臨床研究としては、健常者の記憶や情動など高次脳機能の画像化、統合失調症や広汎性発達障害(PDD)における認知機能異常の脳機能イメージング、うつ病や老化に伴う脳白質病変、サイトカインや内皮機能、および自律神経機能などの変化を定量的評価に基づき検討しています。さらに、統合失調症やPDDおよび加齢について、脳波やMEGの非線形法(マルチフラクタル、マルチスケールエントロピーなど)を駆使したデータ解析による研究も併せて進めています。

主要研究テーマ

アスペルガー障害など広汎性発達障害の病態と治療:脳画像、薬物療法による神経科学的アプローチ

認知機能に関する神経生理学的研究:統合失調症、加齢・創造性に関する非線形法を駆使した検討(脳波、MEG、MRIのデータ解析)

抗うつ薬、気分安定薬などによる脳内代謝変化とその発現メカニズムに関する研究:脳内グルコース代謝、ミトコンドリア機能などへの影響

不安・うつなどの情動・性格特性と生体機能に関する研究:自律神経機能や神経内分泌系、血管内皮機能などとの関連の検討

緩和ケア:がん患者のせん妄に関する精神薬理学的および心理社会的研究

精神医学研究室

TEL
0776-61-8363
FAX
0776-61-8136