福井大学医学部

精神医学

入局を希望する皆様へ

福井大学精神医学教室では、学内・学外を問わず全国より広く後期研修医および医員の募集をしています。

精神科医療に対する需要・活躍の場の広がり

現代の高度情報化は、人類に多くの恩恵をもたらした反面、多大なストレス社会を生み出し、中高年のうつ病や不安障害、自殺が急増しています。また児童・思春期の心のケアが叫ばれ、引きこもりや虐待、未熟な人格という問題を抱えた若者が社会に溢れ、心身症や摂食障害などのストレス関連障害も増加の一途を辿っています。また、リエゾン、救急、緩和ケア、災害医療など、今や精神科医は、病院全体の診療科領域で横断的に重要な役割をはたしています。これら時代の変遷と伴にますます多様化し広がりつつある精神疾患に対応すべく、私たちは、治療を受ける側の立場に立った人間性あふれる医療の実現、高度な知識と技術を駆使した地域社会に開かれた先進的な精神科医療を展開しています。

当教室の特色と志ある人材求む

当教室の特色として、地域の医療機関とのネットワークが極めて良好で、「互いに顔のみえる医療環境」に恵まれており、診療以外にも教育や研究面で緊密に連携をとりあっていることが挙げられます。多彩な趣味を持ちスポーツ愛好家の多い講座でもあり、互いの個性を尊重しつつ、和気藹々とした雰囲気の中で日々の診療・教育・研究に取り組んでいます。上述のごとく、時代の変遷と伴に多様化し広がりつつある精神疾患に応えるべく、よりよい医療を実現するためには、若いやる気あふれる人材の育成が必要不可欠です。研修を希望される方、心よりお待ちしています。

マンツーマンの指導を行います

卒後初期臨床研修終了後の精神科専門医研修は大学病院での勤務(医員)および関連病院での勤務を通して行います。大学病院精神科での研修では、精神科総合診療および精神科の各専門領域の診療を学びます。多症例の幅広い臨床経験を積み上げていくと同時に、個々の症例や病態をきめ細かく分析し、脳とこころの両面を包括的な視点から論考を深めていく基本的スタンスのもとで、マンツーマンでの指導を行っています。

関連病院について

教室の特徴の一つは、新設大学講座としては例外的に関連病院が充実していることです。関連病院での研修は指導医と複数の精神科医がスタッフとして勤務している地域基幹病院で、大学病院では経験することが少ない疾患について指導医のもと研修することになります。関連病院での勤務は各自の希望をもとに研修機会が均等になるように考慮した上で決定しています。

応募資格

医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了または修了見込者で、性別・年齢は問いません。応募の締め切りはありません。いつでも歓迎しています。

選抜方法

履歴書、面接

給与・待遇など

若手医師として臨床研修、研究活動をするための生活基盤を保障する充分な給与所得(医員給与、外勤など)があります。女性医師については、出産・育児なとの家庭生活との両立をサポートする体制をとっています。

連絡先

小俣直人(医局長)まで御連絡ください。
Tel:0776-61-3111(内線 2321)
E-mail: omata@u-fukui.ac.jp

精神医学研究室

TEL
0776-61-8363
FAX
0776-61-8136