福井大学医学部

精神医学

研究業績

学術論文

2018

  1. Ueno K, Takahashi T, Higashima M, Okazaki R, Takano S, Wada Y.;Delayed posthypoxic leukoencephalopathy following alcohol and psychotropic drug overdose: a case report.;Clin Case Rep.;6(6):1158-1165;2018.05.
  2. Kosaka H, Fujioka T, Jung M.; Symptoms inindividuals with adult-onset ADHD are masked during childhood.;Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci, 2018.04
  3. 3. Takahashi T, Goto T, Nobukawa S, Tanaka Y, Kikuchi M, Higashima M, Wada Y.; Abnormal functional connectivity of high-frequency rhythms in drug-naïve schizophrenia.Clin Neurophysiol.;129(1):222-231. 2018.01.

2017

  1. Fukai M, Hirosawa T, Kikuchi M, Ouchi Y, Takahashi T, Yoshimura Y, Miyagishi Y, Kosaka H, Yokokura M, Yoshikawa E, Bunai T, Minabe Y;Oxytocin effects on emotional response to others’ faces via serotonin system in autism: a pilot study.;Psychiatry Res., 267:45-50, 2017.09.
  2. Mizuno Y, Jung, M, Fujisawa TX, Takiguchi S, Shimada K, Saito DN, Kosaka H, Tomoda A.:Catechol-O-methyltransferase polymorphism alters the cortico-cerebellar executive function network in children with attention-deficit/hyperactivity disorder.;Scientific Reports, 7:4850, 2017.07
  3. Shimada K, Fujisawa TX, Takiguchi S, Naruse H, Kosaka H, Okazawa H, Tomoda A;Ethnic differences in COMT genetic effects on striatal grey matter alterations associated with childhood ADHD: a voxel-based morphometry study in a Japanese sample.;World J. Biol. Psychiatry,18(4):322-328, 2017.06.
  4. Okamoto Y, Kosaka H, Kitada R, Seki A, Tanabe HC, Hayashi MJ, Kochiyama T, Saito DN, Yanaka HT, Munesue T, Ishitobi M, Omori M, Wada Y, Okazawa H, Koeda T, Sadato N.;Age-dependent atypicalities in body- and face-sensitive activation of the EBA and FFA in individuals with ASD.;Neuroscience Research 119:38-52, 2017.06.
  5. Omata N, Mizuno T, Matsumoto H, Mitsuya H, Mita K, Kiyono Y, Wada Y;Mania is an extension of depression from the perspective of neuronal plasticity – Evaluation of our hypothesis through the affective spectrum.;Med Hypotheses, 102:87-88, 2017.05;
  6. Nishizato M, Fujisawa TX, Kosaka H, Tomoda A.;Developmental changes in social attention and oxytocin secretion in infants and children.;Scientific Reports, 7(1):2540, 2017.05.
  7. Hirosawa T, Kikuchi M, Ouchi Y, Takahashi T, Yoshimura Y, Kosaka H, Furutani N, Hiraishi H, Fukai M, Yokokura M, Yoshikawa E, Bunai T, Minabe Y.;A pilot study of serotonergic modulation after long-term administration of oxytocin in autism spectrum disorder.;Autism Research, 10(5):821-828, 2017.05
  8. Morita T, Saito DN, Ban M, Shimada K, Okamoto Y, Kosaka H, Okazawa H, Asada M, Naito E.;Self-face recognition shares brain regions active during proprioceptive illusion in the right inferior fronto-parietal superior longitudinal fasciculus III network.;Neuroscience, 348:288–301, 2017.04.
  9. Goto T, Kato M, Matsumura Y, Omata N, Yoshida M, Watanabe K, Takahashi T, Higashima M, Wada Y.;Scopolamine Ointment for Clozapine-Associated Sialorrhea: A Case Report.J Clin Psychopharmacol.7(1):106-107, 2017.02.
  10. Naruse H, Fujisawa TX, Yatsuga C, Kubota M, Matsuo H, Takiguchi S, Shimada S, Imai Y, Hiratani M, Kosaka H, Tomoda A.;Increased Anterior Pelvic Angle Characterizes the Gait of Children with Attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD).;PLOS ONE, 12(1):e0170096, 2017.01.

2016

  1. Goto T, Ishitobi M, Takahashi T, Higashima M, Wada Y.
    Reversible Splenial Lesion Related to Acute Lithium Intoxication in a Bipolar Patient: A Case Report. J Clin Psychopharmacol. ;36(5):528-9;10
  2. Kosaka H, Okamoto Y, Munesue T, Yamasue H, Inohara K, Fujioka T, Anme T, Orisaka M, Ishitobi M, Jung M, Fujisawa TX, Tanaka S, Arai S, Asano M, Saito DN, Sadato N, Tomoda A, Omori M, Sato M, Okazawa H, Higashida H, Wada Y
    Oxytocin efficacy is modulated by dosage and oxytocin receptor genotype in young adults with high-functioning autism: a 24-week randomized clinical trial.
    Transl Psychiatry. 6(8):e872,2016.08
  3. Arai S, Okamoto Y, Fujioka T, Inohara K, Ishitobi M, Matsumura Y, Jung M, Kawamura K, Takiguchi S, Tomoda A, Wada Y, Hiratani M, Matsuura N, Kosaka H.
    Altered frontal pole development affects self-generated spatial working memory in ADHD.
    Brain Dev,38(5):471-80, 2016.05
  4. Fujioka T, Inohara K, Okamoto Y, Masuya Y, Ishitobi M, Saito DN, Jung M, Arai S, Matsumura Y, Fujisawa TX, Narita K, Suzuki K, Tsuchiya KJ, Mori N, Katayama T, Sato M, Munesue T, Okazawa H, Tomoda A, Wada Y, Kosaka H.
    Gazefinder as a clinical supplementary tool for discriminating between autism spectrum disorder and typical development in male adolescents and adults.
    Mol Autism,23;7:19,2016.03
  5. Okamoto Y, Ishitobi M, Wada Y, Kosaka H.;The Potential of Nasal Oxytocin Administration for Remediation of Autism     Spectrum Disorders.;CNS Neurol Disord Drug Targets. 15(5):564-77,2016

2015

  1. Takeuchi D, Ono T, Wada Y:Case of neuroleptic malignant syndrome with diffuse neurofibrillary tangles with calcification:Psychiatry and Clinical Neurosciences,69(6);383-4,2015.06
  2. Takahashi T, Masuya Y, Ueno K, Watanabe K, Takahashi M, Morita S, Higashima M, Wada Y.   Clozapine-related negative myoclonus associated with urinary tract infection: a case report.Journal of clinical psychopharmacology,35(2);205-6,2015.04
  3. 竹内大輔, 小野壽之, 長谷浩吉, 和田有司:慢性疼痛に対して,duloxetineを使用した2症例:精神科治療学,30(3);415-419,2015.03
  4. Miyagawa T, Toyoda H, Kanbayashi T, Imanishi A, Sagawa Y, Kotorii N, Kotorii T, Hashizume Y, Ogi K, Hiejima H, Kamei Y, Hida A, Miyamoto M, Ikegami A, Wada Y, Takami M, Fujimura Y, Tamura Y, Omata N, Masuya Y, Kondo H, Moriya S, Furuya H, Kato M, Kojima H, Kashiwase K, Saji H, Khor SS, Yamasaki M, Ishigooka J, Wada Y, Chiba S, Yamada N, Okawa M, Kuroda K, Kume K, Hirata K, Uchimura N, Shimizu T, Inoue Y, Honda Y, Mishima K, Honda M, Tokunaga K: An association analysis of HLA-DQB1 with narcolepsy without cataplexy and idiopathic hypersomnia with/without long sleep time in a Japanese population. Human Genome Variation. 2015 2:15031.
  5. Masuya Y, Okamoto Y, Inohara K, Matsumura Y, Fujioka T, Wada Y, Kosaka H.
    Sex-different abnormalities in the right second to fourth digit ratio in Japanese individuals with autism spectrum disorders.
    Mol Autism. 9;6:34. 2015.06
  6. Ueno, T.Takahashi, K.Takahashi, K.Mizukami, Y.Tanaka, Y.Wada: Neurophysiological basis of creativity in healthy elderly people: A multiscale entropy approach. Clinical Neurophysiology, 126, 524-531, 2015.03
  7. Miyagawa T, Toyoda H, Hirataka A, Kanbayashi T, Imanishi A, Sagawa Y, Kotorii N, Kotorii T, Hashizume Y, Ogi K, Hiejima H, Kamei Y, Hida A, Miyamoto M, Imai M, Fujimura Y, Tamura Y, Ikegami A, Wada Y, Moriya S, Furuya H, Kato M, Omata N, Kojima H, Kashiwase K, Saji H, Khor SS, Yamasaki M, Wada Y, Ishigooka J, Kuroda K, Kume K, Chiba S, Yamada N, Okawa M, Hirata K, Uchimura N, Shimizu T, Inoue Y, Honda Y, Mishima K, Honda M, Tokunaga K. New susceptibility variants to narcolepsy identified in HLA class II region. Hum Mol Genet. 2015 Feb 1;24(3):891-8.
  8. Mitsuya, N.Omata, Y.Kiyono, T.Mizuno, T.Murata, K.Mita, H.Okazawa, Y.Wada: The co-occurrence of zinc deficiency and social isolation has the opposite effects on mood compared with either condition alone due to changes in the central norepinephrine system. Behavioural Brain Research, 1(284), 125-130, 2015.02
  9. Okazaki, T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, M.Ishitobi, M.Kikuchi, M.Higashima, Y.Wada: Changes in EEG complexity with electroconvulsive therapy in a patient with autism spectrum disorders: a multiscale entropy approach. Front Hum Neurosci., 9, 106, 2015.02

2014

  1. Omata, T.Mizuno, H.Mitsuya, K.Mita, Y.Higashi, T.Kamichika, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada: Neuronal plasticity in depressive or manic states – New assessment of our hypothesis: Mania is an extension of depression from the perspective of neuronal plasticity. Med Hypotheses, 24(3), 891-8, 2014.10
  2. Okamoto, R.Kitada, Hiroki C. Tanabe, M.J.Hayashi, T.Kochiyama, T.Munesue, M.Ishitobi, D.N.Saito, H.T.Yanaka, M.Omori, Y.Wada, H.Okazawa, A.T.Sasaki, T.Morita, S.Itakura, H.Kosaka, +N.Sadato: Attenuation of the contingency detection effect in the extrastriate body area in autism spectrum disorder. Neuroscience Research, 2014.10
  3. Asano, M.Ishitobi, H.Kosaka, +M.Hiratani, Y.Wada: Ramelteon monotherapy for insomnia and impulsive behavior in high-functioning autistic disorder. J Clin Psychophamacol., 34(3), 402-3, 2014.06
  4. Jung, H.Kosaka, D.N.Saito, Ishitobi Makoto, T.Morita, K.Inohara, M.Asano, S.Arai, T.Munesue, Tomoda A., Y.Wada, N.Sadato, H.Okazawa, T.Iidaka: Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits. Mol Autism, 5, 35, 2014.06
  5. X.Fujisawa, S.Tanaka, D.N.Saito, H.Kosaka, A.Tomoda Visual attention for social information and salivary oxytocin levels in preschool children with autism spectrum disorders: An eye-tracking study Front Neurosci. 2014.09
  6. Fujii, D.N.Saito, H.T.Yanaka, H.Kosaka, H.Okazawa Depressive mood modulates the anterior lateral CA1 and DG/CA3 during a pattern separation task in cognitively intact individuals: A functional MRI study Hippocampus 2014.02
  7. 西本 武史, 髙野 智早, 高井 美穂子, 小坂 浩隆 ベンゾジアゼピン系薬剤多剤併用から抑肝散に変方し、不安・不眠が軽快した白血病の1症例 漢方と診療 2014
  8. Ishitobi, M.Kawatani, M.Asano, H.Kosaka, T.Goto, M.Hiratani, Y.Wada Quetiapine responsive catatonia in an autistic patient with comorbid bipolar disorder and idiopathic basal ganglia calcification Brain Dev 2014.10

2013

  1. 小坂 浩隆, 田邊宏樹, 守田知代, 岡本悠子, 齋藤 大輔, 石飛 信, 棟居 俊夫, 和田 有司, 定藤規弘 自閉症スペクトラム障害の社会性障害を探る: fMRI 研究 日本生物学的精神医学会誌01
  2. Mizuno, N.Omata, T.Murata, H.Mitsuya, N.Maruoka, K.Mita, Y.Kiyono, H.Okazawa, H.Ikeda, Y.Wada Mania:Not the opposite of depression, but an extension?Neuronal plasticity and polarity Med Hypotheses 2013.08
  3. 小坂 浩隆, 石飛 信, 定藤 規弘
    自閉症スペクトラム障害のfMRI研究
    脳21, 16(2), 45-51, 2013.04
  4. 小坂 浩隆, 石飛 信, 浅野 みずき, 西本 武史, 松村 由紀子, 渡邉 恵美, 田中 悠二, 東間 正人
    桂枝加竜骨牡蛎湯が奏効したレム睡眠行動異常症の1例
    漢方と診療, 4(1), 38, 2013.04
  5. 竹内 大輔, 小野 寿之, 玉井 顯, 松村 由紀子, 西本 武史, 和田 有司
    ミルタザピンへの置換後に、性機能障害が改善したうつ病の1例
    精神医学, 55(4), 367-370, 2013.04
  6. Ishitobi, M.Kawatani, M.Asano, H.Kosaka, T.Goto, M.Hiratani, Y.Wada
    Quetiapine responsive catatonia in an autistic patient with comorbid bipolar disorder and idiopathic basal ganglia calcification
    Brain Dev, 2014.01, #1.668, DOI; 10.1016/j.braindev.2013.12
  7. Okazaki, T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, M.Higashima, Y.Wada
    Effects of electroconvulsive therapy on neural complexity in patients with depression: Report of three cases
    J Affect Disord, 150(2), 389-92, 2013.09
  8. Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, C.Yatsuga, M.Asano, Y.Tanaka, K.Ueno, R.Okazaki, M.Omori, M.Hiratani, A.Tomoda, Y.Wada
    Effectiveness and tolerability of switching to aripiprazole from risperidone in subjects with autism spectrum disorders: a prospective open-label study
    Clin Neuropharmacol, 36(5), 151-6, 2013.09
  9. Asano, M.Ishitobi, Y.Tanaka, Y.Wada
    Effects of ramelteon on refractory behavioral and psychological symptoms of dementia Journal of Clinical Psychopharmacology, 33(4), 2013.08

2012

  1. Omata, T.Murata, N.Maruoka, H.Ikeda, H.Mitsuya, T.Mizuno, K.Mita, M.Asano, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada
    Effect of dietary zinc deficiency on ischemic vulnerability of the brain.
    Neuroscience Letters,531(1):10-13,2012.11
  2. Narita,K.Fujiwara,Y.Takei,M.Suda,Y.Aoyama,T.Uehara,T.Majima,H.Kosaka, M.Amanuma,M.Fukuda,M.Mikuni
    Associations among parenting experiences during childhood and adolescence,hypothalamus-pituitary-adrenal axis hypoactivity, and hippocampal gray matter volume reduction in young adults. Human Brain
    Mapping, 33(9), 2211-23, 2012.09
  3. Kosaka, T.Munesue, M,Ishitobi, M,Asano, M,Omori, M,Sato, A.Tomoda, Y.Wada
    Long-term oxytocin administration improves social behaviors in a girl with autistic disorder
    BMC Psychiatry,12(1):110,2012,8
  4. 竹内大輔, 小野寿之, 玉井 顯, 西本武史, 和田有司
    Lithium carbonateにてセネストパチーが改善した1例
    精神科治療学,27(6): 813-818,2012.6
  5. Ishitobi, M.Hiratani, H.Kosaka, T.Takahashi, T.Mizuno, M.Asano, T.Murata, A.Tomoda, Y.Wada
    Switching to aripiprazole in subjects with Pervasive Developmental Disorders showing tolerability issues with risperidone
    Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry,37(1): 128-131,2012,4
  6. Morita, H.Kosaka, DN.Saito, M.Ishitobi, T.Munesue, S.Itakura, M.Omori, H.Okazawa, Y.Wada, N.Sadato
    Emotional responses associated with self-face processing in individuals with autism spectrum disorders:An fMRI study
    Social Neuroscience,7(3-4): 223-239,2012,3
  7. Omata, T.Murata, K.Narita, N.Maruoka, H.Mitsuya, K.Mita, T.Nishimoto, M.Sato, Y.Wada
    Effects of antidepressants and mood stabilizers on serum levels of adiponectin
    Neuro Endocrinol Lett,33(1):1-2,2012.1

2011

  1. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 中井昭夫, 波崎由美子, 松木健一, 定藤規弘, 岡沢秀彦
    青年期男女における親性発達と神経基盤の関係
    日本赤ちゃん学会雑誌「ベビーサイエンス」,10:46-59,2011
  2. Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, M. Oonuma, T.Murata, Y.Wada
    Aripiprazole monotherapy in the treatment of vascular parkinsonism
    Psychiatry and Clinical Neurosciences,65(5),2011.10
  3. Ishitobi, H.Kosaka, T.Takahashi, M. Oonuma, T.Murata, Y.Wada
    Aripiprazole monotherapy in the treatment of vascular parkinsonism
    Psychiatry and Clinical Neurosciences,65(5),2011.10
  4. 宿南憲一, 神近哲郎, 小坂浩隆, 小俣直人, 村田哲人, 折坂 誠, 和田有司
    多囊胞性卵巣症候群を合併したてんかんの1症例
    精神医学,53(7):663-666,2011.7
  5. Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada
    Comment on ‘‘Dose-Dependent Effects of Adjunctive Treatment With Aripiprazole on Hyperprolactinemia Induced by Risperidone in Female Patients With Schizophrenia’’
    Journal of Clinical Psychopharmacology,31(3):400-401,2011.6
  6. Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada
    Adjunctive Treatment With Low-Dosage Pramipexole for Risperidone-Associated Hyperprolactinemia and Sexual Dysfunction in a Male Patient With Schizophrenia
    Journal of Clinical Psychopharmacology,31(2):243-245,2011.4
  7. Ishitobi, H.Kosaka, M.Omori, Y.Matsumura, T.Munesue, K.Mizukami, T.Shimoyama, T.Murata, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada
    Differential amygdala response to lower face in patients with autistic spectrum disorders: An fMRI study
    Research in Autism Spectrum Disorders,5(2):910-919,2011.4
  8. Shukunami, M.Ishitobi, M.Shukunami, T.Murata, Y.Wada
    Case of summer-related seasonal panic disorder responsive to water supply therapy according to frequency of urination
    Psychiatry and Clinical Neurosciences,65 (2):204-205,2011.3
  9. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 末原紀美代, 町浦美智子, 定藤規弘, 岡沢秀彦
    親性育成のための基礎研究(3)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の
    親性準備性尺度・fMRIによる評価-
    母性衛生,54(4),655-665,2011.1

2010

  1. N. Saito, H.C. Tanabe, K. Izuma, M.J. Hayashi, Y. Morito, H. Komeda, H. Uchiyama, H. Kosaka, H. Okazawa, Y. Fujibayashi, N. Sadato
    “Stay tuned”: Inter-individual neural synchronization during mutual gaze and joint attention.
    Front Integr Neurosci, 4(127), 1-12, 2010.11
  2. Ishitobi, H. Kosaka, K. Shukunami, T. Murata, Y. Wada
    Adjunctive treatment with low-dosage aripiprazole for lonanserin-induced hyperprolactinemia in a female patient with schizophrenia.
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry, 34(7),1361-2, 2010.10
  3. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 末原紀美代, 町浦美智子, 波崎由美子, 松木健一, 定藤規弘,
    岡沢秀彦, 田邊美智子
    親性育成のための基礎研究(1)-青年期男女における乳幼児との継続接触体験の心理・生理・脳科学的指標による評価-.
    母性衛生, 51(2), 290-300, 2010.07
  4. Omata, C.T. Chiu, P.R. Moya, Y. Leng, Z. Wang, J.G. Hunsberger, P. Leeds, D.M. Chuang
    Lentivirally mediated GSK-3beta silencing in the hippocampal dentate gyrus induces antidepressant-like effects in stressed mice
    Int J Neuropsychopharmacol, 7, 1-7, 2010.07
  5. Narita, Y. Takei, M. Suda, Y. Aoyama, T. Uehara, H. Kosaka, M. Amanuma, M. Fukuda, M. Mikuni
    Relationship of Parental Bonding Styles with Gray Matter Volume of the Dorsolateral Prefrontal Cortex in Young Adults
    Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry, 34(4), 624-31, 2010.05
  6. Takahashi, RY. Cho, T. Mizuno, M. Kikuchi, T. Murata, K. Takahashi, Y. Wada
    Antipsychotics reverse abnormal EEG complexity in drug-naive schizophrenia: a multiscale entropy analysis
    Neuroimage, 51(1),173-82, 2010.05
  7. Kosaka, M. Omori, T. Munesue, M. Ishitobi, Y. Matsumura, T. Takahashi, K. Narita, T. Murata, D.N. Saito, H. Uchiyama, T. Morita, M. Kikuchi, K. Mizukami, H. Okazawa, N. Sadato, Y. Wada
    Smaller Insula and Inferior Frontal Volumes in Young Adults with Pervasive Developmental Disorders.
    Neuroimage, 50(4),1357-1363, 2010.05
  8. Mizuno, T. Takahashi, RY. Cho, M. Kikuchi, T. Murata, K. Takahashi, Y. Wada
    Assessment of EEG dynamical complexity in Alzheimer’s disease using multiscale entropy
    Clinical Neurophysiology, 121, 1438-1446, 2010.04
  9. 竹内大輔, 小野寿之, 玉井 顯, 和田有司
    SSRIにtandospironeを用いて強化療法を行った強迫性障害の1例
    精神科治療学, 25(3), 391-395, 2010.03

著書・総説

2016

  1. Okamoto Y, Ishitobi M, Wada Y, Kosaka H
    The Potential of Nasal Oxytocin Administration for Remediation of Autism Spectrum Disorders.
    CNS Neurol Disord Drug Targets. 15(5):564-77,2016
  2. 石飛信、小坂浩隆、神尾陽子;データで読み解く発達障害(平岩幹男、岡明、神尾陽子、小枝達也、金生由紀子編);ASD: 薬物療法と 注意点 pp186-190;中山書店;2016.05

2014

  1. 小俣 直人, 水野智之, 三屋博宣, 和田 有司: 躁はうつの延長にある−気分障害における神経可塑性と神経系への負荷との多軸的評価の試み: Bipolar Disorder 12, (株)アルタ出版, 37-48, 2014.06
  2. 小坂 浩隆: 自閉症とトラウマ 思春期以降: 友田明美, 杉山登志郎, 谷池雅子(編): 子どものPTSD 診断と治療, 診断と治療社, 108-114, 2014.05
  3. 石飛 信, 荻野 和雄, 小坂 浩隆, 神尾 陽子 ASDと注意機能 精神科02

2013

  1. 小俣 直人, 水野 智之, 三屋 博宣, 和田 有司 気分障害の病態や治療薬の作用機序に関する、神経可塑性と神経系への負荷からみた多軸的な評価 日本神経精神薬理学雑誌 2013
  2. Takahashi Complexity of spontaneous brain activity in mental disorders Prog Neuropsychophamacol Biol Psychiatry 2013.08

2011

  1. 和田有司
    新しい抗てんかん薬
    629-631 精神医学キーワード事典 中山書店 2011.7
  2. 寺井堅祐・高橋哲也
    脳機能測定
    808-809 ストレス科学事典 実務教育出版(日本ストレス学会・
    財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 監修) 2011.6

学会発表

2018 

  1. 小坂浩隆;脳科学からみた病態に関する最新知見と臨床;第59回心身医学会 2018.6
  2. 田中悠二、高橋哲也、信川 創、菊知 充、後藤嵩志、東間正人、和田有司;未治療統合失調症における脳波高周波数帯域での機能的結合性の異常:Phase Laglndexを用いた神経ネットワーク解析;第13回日本統合失調症学会,2018.03.
  3. 水野智之、三崎真寛、松村由紀子、上野幹二、東間正人、和田有司;自律神経発作を主徴としたてんかんの1例­―心電図モニタリングの有用性―;第193回北陸精神神経学会,2018.03.
  4. 小坂浩隆;小児期から成人期ADHDの連続性;第9回日本ADHD学会, 2018.03
  5. Sumiya M, Okamoto Y, Koike T, Tanigawa T, Okazawa H, Kosaka H, Sadato N.; People with autism spectrum disorder experience less pleasure through social action-outcome contingency.;Interactive Eye Gaze: A Window to Typical and Atypical Social Behaviours, 2018.02

2017

  1. 小坂 浩隆;児童青年期委員会企画シンポジウム「地方での児童精神科医療の浸透」;第30回総合病院精神医学会, 2017.11
  2. Yoshimoto T, Chikazoe J, Okazaki S, Sumiya M, Takahashi HK, Nakagawa E, Koike T, Kitada R, Okamoto S, Nakata M, Kosaka H, Yada T, Sadato N.;Abstractness of value representation in orbitofrontal cortex;Neuroscience 2017-Society for Neuroscience, 2017.11.
  3. Fujioka T, Mizuno Y, Takiguchi S, Fujisawa TX, Tsuchiya KJ, Katayama T, Tomoda A,Hiratani M, Kosaka H.;Attention to eye in still face strongly related to sociality compared to other social information in children with Autism Spectrum Disorder;American Academy of Child and Adolescent Psychiatry 64th Annual Meeting, 2017.10.
  4. Jung M, Kosaka H, Kong J.;Surfaced based shared and distinct resting functional connectivity between attention-deficit/hyperactivity disorder and autism spectrum disorder;International Autism Conference Tokyo 2017, 2017.10..
  5. Jung M, Kosaka H, Kong J.;Structural connectivity and resting-state brain activity of the lateral occipital cortex impact social communication deficit in boys with autism spectrum disorder;International Autism Conference Tokyo 2017 2017.10
  6. 水野賀史、丁ミンヨン、藤澤隆史、島田浩二、齋藤大輔、小坂浩隆、友田明美;ADHD児におけるCOMT遺伝子多型と大脳皮質-小脳の実行機能ネットワークの関連;第44回日本脳科学会, 2017.10.
  7. 藤岡 徹、平谷美智夫、石坂郁代、河野俊寛、伊藤一美;限局性学習症の日常生活に目を向けて~教科学習以外で生じる困難と支援~;日本LD学会第26回大会, 2017.10.
  8. 米田英嗣、小坂浩隆、岡沢秀彦;自閉スペクトラム症の成人における心情理解と援助動機;教育心理学会第59回総会, 2017.10
  9. 丁ミンヨン、小坂浩隆、Jian Kong;Multimodal neuroimaging アプローチにおける自閉症スペクトラム障害の診断補助;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10
  10. 平谷美智夫、服部 恵、仲嶺実甫子、滝口慎一郎、巨田元礼、川谷正男、藤岡 徹、荻野和雄、小坂浩隆、友田明美    読字障害(発達性ディスレクシアDevelopmental Dyslexia:DD)308例より。第2報:DD308例の背景要因の検討 ―高い頻度の注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラム障害の併存とそれを意識した病態理解と治療・療育の重要性-;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10.
  11. 藤澤隆史、滝口慎一郎、小坂浩隆、友田明美;反応性愛着障害児における小児期逆境経験のタイプとタイミングが脳灰白質減少に及ぼす影響;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10
  12. 木村友香理、藤岡 徹、岡本悠子、小泉径子、伊藤祐康、小坂浩隆;青年期後期~成人期自閉スペクトラム症における発話特徴の分析;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10
  13. 小泉径子、藤岡 徹、滝口慎一郎、水野賀史、石川俊介、升谷泰裕、松村由紀子、岡崎玲子、野路恵里佳、友田明美、小坂浩隆;被虐待児の社会的認知に対するオキシトシン投与の有効性の検討;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10.
  14. 藤岡 徹、新井清義、水野賀史、滝口慎一郎、藤澤隆史、土屋賢治、片山泰一、松﨑秀夫、友田明美、平谷美智夫、小坂浩隆;選択性緘黙の併存が自閉スペクトラム症の社会的情報への注目にあたえる影響;第58回日本児童青年精神医学会総会, 2017.10
  15. 小俣直人、水野智之、松本日和、三田香代、和田有司;精神疾患における化学的不均衡仮説への疑問;第36回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会, 2017.10
  16. 三崎真寛、水野智之、松村由紀子、和田有司;アリセプト離脱によるせん妄をきたした高齢認知症患者の1例;     第192回北陸精神神経学会, 2017.07
  17. 松本日和、東間正人、佐野友香、和田有司;初期に注意欠如・多動性障害が疑われた若年性認知機能障害の一例;     第192回北陸精神神経学会, 2017.07.
  18. Komeda H, Kosaka H, Okazawa H.;Empathy and helping behaviors in narrative comprehension: Comparison between adults with autism spectrum disorder and typically developing adults;27th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse 2017.07
  19. 小坂 浩隆;オキシトシンによる自閉スペクトラム症の治療薬の可能性-オキシトシン投与の臨床試験-;自閉症スペクトラム学会北陸支部自閉症スペクトラム支援士資格認定講座 2017.07.
  20. 小坂 浩隆;自閉スペクトラム症の臨床研究の動向-福井大学での臨床研究を中心に-;第192回北陸精神神経学会, 2017.07
  21. 吉本隆明、近添淳一、岡崎俊太郎、角谷基文、高橋晴香、中川恵理、小池耕彦、北田 亮、岡本士毅、矢田俊彦、小坂浩隆、定藤規弘;価値表象における,対象の同一性の神経基盤の検討;第19回 日本ヒト脳機能マッピング学会, 2017.03
  22. 久保賢太郎、片山寛人、林 浩嗣、松村由紀子、小坂浩隆、東間正人、和田有司;多彩な精神病症状を呈したウイルソン病の1例;第191回北陸精神神経学会, 2017.01.

2016

  1. 岡崎玲子、高橋哲也、栗田智未、前川伸晃、和田有司;医学生における気質の変遷―UPIの推移による検討―; 第54回全国大学保健管理研究集会,2016.10
  2. 松本日和、小俣直人、水野智之、三田香代、三屋博宣、和田有司;社会的孤立の負荷期間延長による情動変化に対するリチウムの効果;                第3回西日本生物学的精神医学研究会, 2016.09
  3. 佐野友香、上野幹二、松村由紀子、東間正人、和田有司;思春期神経性無食欲症の過活動に対し少量のアリピプルラドールが奏功した1例;     第190回北陸精神神経学会,2016.07
  4. 松本日和、武藤悠平、岡崎玲子、田中悠二、松村由紀子、東間正人、和田有司;精神疾患との鑑別に苦慮した非けいれん性発作重積の2症例;     第9回日本てんかん学会東海北陸地方会,2016.07
  5. 田中悠二、東間正人、上野幹二、高橋哲也、大森晶夫、川口めぐみ、高森巳早都、水上喜美子、和田有司;健常高齢者における非記憶領域の軽微な認知機能低下と脳白質体積の減少の関連性;第31回日本老年精神医学会,2016.06

2015      

  1. Takahashi T:Increasing Signal Variability During Development and Its Relevance to Autism Spectrum Disorders:WPAIC 2015 ,2015.11
  2. 松本日和、田中悠二、松村由紀子、東間正人、和田有司:うつ病の経過中に昏迷様状態を呈し、てんかん重積と診断された一例:第76回日本心身医学会中部地方会,2015.10
  3. 松村由紀子、藤岡 徹、藤澤隆史、岡本悠子、新井清義、田仲志保、升谷泰裕、石飛 信、岡崎玲子、
    石川俊介、丁 ミンヨン、小泉径子、友田明美、小坂浩隆:自閉スペクトラム症における唾液中/血漿中オキシトシン濃度と社会性の障害との関連―視線追跡装置であるGazeFinder®を用いて―:第56回日本児童青年精神医学会総会,2015.10
  4. 後藤嵩志、藤川明希、 村田哲人、加藤美世子、東間正人、和田有司 :アリピプラゾールにより著明なパーキンソニズム及びせん妄を来たし、初期DLBが疑われた双極性障害の1例 第25回日本臨床精神神経薬理学会,2015.10
  5. 上野幹二、高橋哲也、松村由紀子、佐野友香、松本日和、東間正人、和田有司:アルコール過剰摂取および向精神薬大量内服後に生じた遅発性低酸素白質脳症の1例:第111回日本精神神経学会学術総会,2015.06
  6. 田中悠二、東間正人、上野幹二、高橋哲也、大森晶夫、川口めぐみ、高森巳早都、水上喜美子、和田有司:地域健常高齢者における軽微な認知機能低下―ファイブ・コグとCANTABを用いた神経心理学的研究― :第111回日本精神神経学会学術総会,2015.06
  7. 田中悠二, 東間正人, 上野幹二, 高橋哲也, 大森晶夫, 川口めぐみ, 中村巳早都, 水上喜美子, 和田有司: 健常高齢者の日常活動に影響する認知機能低下, 第34回日本社会精神医学会, 2015.03

2014

  1. 升谷泰裕, 岡本悠子, 藤澤隆史, 田仲志保, 新井清義, 浅野みずき, 丁ミンヨン, 石川俊介,藤岡 徹, 石飛 信, 松村由紀子, 友田明美, 小坂浩隆: 青年期ASD者における視線計測と血漿オキシトシン濃度の関連, 第55回日本児童青年精神医学会, 2014.10, 浜松
  2. 田中悠二, 東間正人, 高橋哲也, 上野幹二, 川口めぐみ, 中村巳早都, 水上喜美子, 田中祐佳, 鳥羽愛乃, 大森晶夫, 和田有司: 集団的認知機能検査「ファイブ・コグ」を用いた地域高齢者における軽度の認知機能低下の評価, 第36回日本生物学的精神医学会・第57回日本神経化学会大会 合同年会, 2014.10
  3. 大沼真紀代, 梅澤有美子, 高橋哲也, 岡崎玲子, 玉川美津恵, 栗田智美, 和田有司, 井隼彰夫: 大学健康調査による最近の医学生と看護学生における気質の検討, 第52回全国大学保健管理研究集会, 2014.09,
  4. 岡本悠子, 北田 亮, 関あゆみ, 田邊宏樹, 林正道, 河内山隆紀, 棟居俊夫, 石飛 信, 齋藤大輔, 谷中久和, 大森晶夫, 和田有司, 岡沢秀彦, 小坂浩隆, 小枝達也, 定藤規弘: 成人、小児ASD におけるカテゴリー選択的な視覚領域の活動, 第37回日本神経科学大会, 2014.09
  5. 丁ミンヨン, 齋藤大輔, 石飛 信, 守田知代, 猪原敬介, 佐々木章浩, 新井清義, 升谷泰裕, 藤岡 徹, 岡本悠子, 棟居俊夫, 友田明美, 定藤規弘, 岡沢秀彦, 飯高哲也, 和田有司, 小坂浩隆: 自閉症における扁桃体の安静時脳活動, 第37回日本神経科学大会, 2014.09
  6. 小坂 浩隆, 丁ミンヨン, 齋藤大輔, 石飛 信, 猪原敬介, 新井清義, 升谷泰裕, 藤岡 徹, 岡本悠子, 棟居俊夫, 友田明美, 佐藤 真, 定藤規弘, 岡沢秀彦, 和田有司: 自閉症スペクトラム障害者のDMNの機能的連結に対するオキシトシン継続投与による影響, 第37回日本神経科学大会, 2014.09
  7. 升谷泰裕, 西本武史, 高野智早, 石川俊介, 後藤嵩志, 高井美穂子, 小坂浩隆, 和田有司: ベンゾジアゼピン多剤併用から抑肝散に置換し不安・不眠が軽快した白血病の一症例, 第110回日本精神神経学会学術総会, 2014.06, 横浜市
  8. Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, K.Mizukami, Y.Tanaka, Y.Wada: Neurophysiological basis of creativity in healthy elderly people:a multiscale entropy approach, WPA2014(第16回世界精神医学会議), 2014.09
  9. Jung M, Kosaka H, Saito DN, Ishitobi M, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Okazawa H, Iidaka T: Default mode network in young male adults with autism spectrum disorder: relationship with autism spectrum traits, The 17th World Congress of Psychophysiology (IOP2014), 2014.09, 広島
  10. ジョン ミンヨン, 小坂 浩隆, 齋藤 大輔, 石飛 信, 守田 知代, 猪原 敬介, 浅野 みずき, 新井 清義, 棟居 俊夫, 友田 明美, 和田 有司, 定藤 規弘, 飯髙 哲也, 岡沢 秀彦  自閉症スペクトラム障害(ASD)における安静状態の脳活動パターン ~ 定型発達群(TD)との比較 ~ 共感性の進化・神経基盤キックオフミーティング07
  11. Jung M, Kosaka H, Saito DN, Ishitobi M, Morita T, Inohara K, Sasaki A, Asano M, Arai S, Masuya Y, Munesue T, Tomoda A, Wada Y, Sadato N, Okazawa H, Iidaka T: Functional connectivity in default mode network predicts autism spectrum traits?, The 20th annual meeting of the Organization for Human Brain Mapping (OHBM), 2014.06, Hamburg, Germany
  12. 田中 悠二, 高橋 哲也, 菊知 充, 上野 幹二, 岡崎 玲子, 高橋 紘一, 東間 正人, 三邉 義雄, 和田 有司クロス・マルチスケールエントロピー解析を用いた統合失調症における脳内神経ネットワーク障害の検討 JSTに提供 第110回日本精神神経学会学術総会06
  13. N.Saito, H.Yanaka, T.Fujii, H.Kosaka, T.Muramatsu, K.Matsumura, M.Sato, H.Okazawa Developmental changes of attention ability in children and adolescents. International Workshop on Molecular Functional Imaging 2014.03
  14. Arai, K.Inohara, T.Fujioka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Kawamura, M.Jung, Y.Wada, A.Tomoda, M.Hiratani, N.Matsuura, H.Kosaka Effects of Methylphenidate on Neuropsychological Performance in Children with ADHD using the Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery (CANTAB) The 2nd Asian congress on ADHD 2014.03
  15. 岡崎 玲子, 梅澤 有美子, 高橋 哲也, 玉川 美津恵, 栗田 智未, 和田 有司, 井隼 彰夫 医学生における気質の変化―University Personality Inventory(UPI)の推移による検討― JSTに提供 第33回日本社会精神医学会03
  16. 石川 俊介, 西本 武史, 後藤 嵩志, 升谷 泰裕, 岡崎 玲子, 小坂 浩隆, 高橋 哲也, 東間 正人, 和田 有司 レベチラセタムの追加投与が著効した若年ミオクロニーてんかんの1例 JSTに提供 第185回北陸精神神経学会01

2013

  1. 高橋 哲也, 岡崎 玲子, 上野 幹二, 松村 由紀子, 東間 正人, 高橋 紘一, 和田 有司 自閉性障害に合併した強迫症状に対する電気けいれん療法の影響について:脳波のマルチスケールエントロピー解析を用いた検討 JSTに提供 第43回日本臨床神経生理学会学術大会11
  2. 西本 武史, 髙野 智早, 高橋 哲也, 石川 俊介, 後藤 嵩志, 升谷 泰裕, 和田 有司, 片山 寛次 当院における緩和ケアチーム専従医師配置前後のコンサルト動向 JSTに提供 第26回日本総合病院精神医学会総会11
  3. 石飛 信, 平谷美智夫, 浅野 みずき, 小坂 浩隆, 和田 有司
    広汎性発達障害患者におけるrisperidoneからaripiprazoleへの置換の安全性・有効性に関する前方視的検討
    第23回日本臨床精神神経薬理学会第43回日本神経精神薬理学会合同年会, 2013.10
  4. 後藤嵩志, 石飛 信, 石川俊介, 升谷泰裕, 東間 正人, 和田 有司
    リチウム中毒による一過性脳梁膨大部病変が疑われた双極性障害の1例
    第23回日本臨床精神神経薬理学会第43回日本神経精神薬理学会合同年会, 2013.10
  5. 升谷 泰裕, 藤澤 隆史, 浅野みずき, 石飛 信, 丁 ミンヨン, 新井 清義, 石川 俊介, 松村由紀子, 小坂 浩隆
    血液検体と唾液検体によるオキシトシン濃度測定値の相関性について
    第54回児童青年精神医学会総会, 2013.10
  6. 石飛 信, 浅野 みずき, 小坂 浩隆, 平谷 美智夫
    双極性障害のうつ病相に出現したカタトニアに対し、クエチアピンが奏功した自閉性障害の1例
    第54回児童青年精神医学会総会, 2013.10
  7. 浅野 みずき, 石飛 信, 小坂 浩隆, 平谷 美智夫
    ラメルテオン単剤治療が睡眠障害および衝動性に有効であった高機能自閉症の一例
    第54回児童青年精神医学会総会, 2013.10
  8. 西本 武史, 髙野 智早, 渡邉 享平, 小坂 浩隆, 高橋 哲也, 和田 有司, 片山 寛次
    がん患者のせん妄に対するアリピプラゾーンの有効性と忍容性に関する研究
    第26回日本サイコオンコロジー学会総会, 2013.09
  9. Mizuno, N.Omata, T.Murata, H.Mitsuya, N.Maruoka, K.Mita, Y.Kiyono, H.Okazawa, Y.Wada: Effects of the combination of zinc deficiency and social isolation on depression-like state in rats
    WFSBP2013KYOTO Congress, 2013.06, 京都市
  10. Okazaki, T.Takahashi, K.Ueno, K.Takahashi, M.Higashima, Y.Wada: Effects of electroconvulsive therapy on neural complexity in patients with depression:Report of cases, WFSBP2013KYOTO Congress, 2013.06, 京都市
  11. 小坂 浩隆, 石飛 信, 浅野 みずき, 西本 武史, 松村 由紀子, 渡邉 恵美, *田中 悠二, 東間 正人
    クロナゼパム無効のレム睡眠行動異常症に桂枝加竜骨牡蛎湯が著効した一例
    第109回日本精神神経学会学術総会, 2013.05

2012

  1. 溝上真樹, 松木悠佳, 重見研司, 小坂浩隆, 西本武史, 片山寛次, 森川美羽, 中澤雅子, 佐藤義高, 青木芳隆, 久保博子, 北山富士子, 高野智早, 小林美貴, 成瀬廣亮
    福井大学附属病院緩和ケアチームにおける神経ブロック適応症例の検討
    第18回福井県緩和医療研究会, 2012.11
  2. 渡邉享平, 西本武史, 住田泰之, 高野智早, 森川美羽, 溝上真樹, 佐藤義高, 小坂浩隆, 片山寛次
    フェンタニル貼付剤の1日製剤から3日製剤への変更により改善した低活動型せん妄の1例
    第18回福井県緩和医療研究会, 2012.11
  3. 岸谷 融, 松永晶子, 石飛 信, 浅野みずき, 井川正道, 山村 修, 濱野忠則, 木村浩彦, 和田有司,
    米田 誠
    部分てんかんと健忘を主症状とした辺縁系脳炎型橋本脳症の1例
    第30回日本神経治療学会総会, 2012.11
  4. 石飛 信, 山田実夏, 銭丸康夫, 上野幹二, 高橋哲也, 東間正人, 和田有司
    針先瞳孔を伴う高度の意識障害を認めた炭酸リチウム誘発性腎性尿崩症の1例
    第32回日本精神科診断学会, 2012.11
  5. 浅野みずき, 石飛 信, 小坂浩隆, 友田明美, 和田有司
    描画検査が虐待の早期発見・介入につながった被虐待児の1例
    第32回日本精神科診断学会, 2012.11
  6. 水野智之, 小俣直人, 三屋博宣, 丸岡伸行, 三田香代, 清野 泰, 岡沢秀彦, 村田哲人, 和田有司
    亜鉛欠乏や社会的隔離がノルエピネフリン作動性神経系を介して情動に与える影響
    第31回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話, 2012.11
  7. Fujii, D. N. Saito, H. T. Yanaka, H. Kosaka, T. Muramatsu, H. Okazawa
    Development of attentional networks: Volume-Based Morphometry study
    Neuroscience 2012, 2012.10
  8. 小俣直人, 村田哲人, 丸岡伸行, 三屋博宣, 水野智之, 三田香代, 清野 泰, 岡沢秀彦, 和田有司
    気分障害の病態および気分安定薬の作用機序に関する基礎的考察
    第22回日本臨床精神神経薬理学会・第42回日本神経精神薬理学会 合同年会, 2012.10
  9. Kosaka, T. Munesue, M. Ishitobi, M. Asano, D. N. Saito, T.Fujii, M. Omori, A. Tomoda, H. Okazawa, Y. Wada
    Social behaviors of autistic disorder are improved by long-term oxytocin administration: A case of 16-year-old girl. Neuroscience 2012, 2012.10
  10. 西本武史, 住田泰之, 高野智早, 渡辺享平, 森川美羽, 小坂浩隆, 片山寛次, 和田有司
    フェンタニル貼付剤の1日製剤から3日製剤への変更により改善した低活動型せん妄の1例
    第25回日本サイコオンコロジー学会総会, 2012.09
  11. 上野幹二, 水上喜美子, 大森昌夫, 村田哲人
    高齢者における創造性と脳内神経ネットワーク機構
    第34回日本生物学的精神医学会, 2012.09
  12. 小坂浩隆
    自閉症スペクトラム障害の社会障害を探る:fMRI研究
    第34回日本生物学的精神医学会, 2012.09
  13. 小坂浩隆
    自閉症スペクトラム障害の顔認知と対人同調の不全:fMRI研究
    第35回日本神経科学大会, 2012.09
  14. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 波﨑由美子, 松木健一, 岡沢秀彦
    育児期母親における母性意識の高低と局所脳活動の関係
    第4回日本子ども虐待医学研究会学術集会, 2012.08
  15. 八ツ賀千穂, 平谷美智夫, 石飛 信, 川谷正男, 友田明美
    広汎性発達障害(PDD)児の薬物療法におけるrisperidone(RPD)からaripiprazole(ARP)への変更
    第48回中部日本小児科学会, 2012.08
  16. 石飛 信, 浅野みずき, 岸谷 融, 松永晶子, 井川正道, 濱野忠則, 米田 誠, 木村浩彦, 和田有司
    辺縁系脳炎症状を呈した橋本脳炎の1例
    第5回日本てんかん学会東海・北陸地方会, 2012.07
  17. 平井谷敦史, 高橋哲也, 上野幹二, 米田 誠, 和田有司
    脳腫瘍に伴う意識障害にステロイドが奏功した一例
    第182回北陸精神神経学会, 2012.07
  18. 東間正人, 佐伯善洋, 石橋 望, 橋場 悟, 平松 茂, 和田有司
    過疎地における独居認知小患者-市立輪島病院心療科外来の診療報告-
    第182回北陸精神神経学会, 2012.07
  19. 松村由紀子, 小俣直人, 高橋哲也, 杉坂夏子, 間所重樹, 東間正人, 和田有司
    修正型電気けいれん療法により治療抵抗性うつ病とともに本態性振戦が改善した1例
    第182回北陸精神神経学会, 2012.07
  20. 岡崎玲子, 西本武史, 高橋哲也, 小坂浩隆, 大沼真紀代, 東間正人, 和田有司
    栄養状態改善に伴い認知機能の改善を認めた神経性無食欲症の一例-CANTABによる検討-
    第182回北陸精神神経学会, 2012.07
  21. 上野幹二, 高橋哲也, 水上喜美子, 大森晶夫, 村田哲人, 和田有司
    健常高齢者の創造性と脳内ネットワークの関連性について
    第182回北陸精神神経学会, 2012.07
  22. 石飛 信, 浅野みずき, 岸谷 融, 松永晶子, 井川正道, 濱野忠則, 米田 誠, 木村浩彦, 和田有司
    辺縁系脳炎症状を呈しステロイドパルス療法が奏功した橋本脳症の1例 第15回日本薬物脳波学会学術集会, 2012.06
  23. Sasaki, H.Kosaka, Y.Namizaki, K.Matuki, H.Okazawa
    Basic research on the development of parenthood: Comparison between mothers and fathers of the effects of listening to a crying infant on brain activation
    The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery, 2012.06
  24. 浅野みずき, 石飛 信, 平谷美智夫, 小坂浩隆, 水野智之, 高橋哲也, 八ツ賀千穂, 川谷正男, 村田哲人, 友田明美, 和田有司
    広汎性発達障害患者におけるrisperidoneからaripiprazoleへの置換に関する後方視的検討
    第108回日本精神神経学会学術総会, 2012.05
  25. 上野幹二, 高橋哲也, 水上喜美子, 大森晶夫, 高橋紘一, 村田哲人, 和田有司
    高齢者の創造性と脳機能および脳構造との関連性の検討
    第108回日本精神神経学会学術総会, 2012.05
  26. 岡崎玲子, 西本武史, 高橋哲也, 小坂浩隆, 石飛 信, 水野智之, 村田哲人, 和田有司
    5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能の改善を認めた統合失調症の二例-CANTABによる検討-
    第108回日本精神神経学会学術総会, 2012.05
  27. 平井谷敦史, 高橋哲也, 菊池 充, 吉村優子, 下道喜代美, 上野沙奈絵, 高橋紘一, 村田哲人, 三邊義雄, 和田有司
    幼児における脳機能ネットワークと認知機能との関連:マルチスケールエントロピーを用いた脳磁図の複雑性の検討 第108回日本精神神経学会学術総会, 2012.05
  28. 西本武史, 岡崎玲子, 石飛 信, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    コルサコフ症候群に伴う認知機能障害にメマンチンが有効であった1例
    第108回日本精神神経学会学術総会, 2012.05
  29. Komeda, H. Kosaka, D. N. Saito, Y. Mano, T. Fujii, H. Yanaka, T. Munesue, H. Okazawa
    Self-Related Representation in Individuals with High-Functioning Autism
    2012 International Meeting for Autism Research,2012.05
  30. 小坂浩隆
    青年期自閉症スペクトラム障害の脳研究
    第7回統合失調症学会学術集会, 2012.3,シンポジウム,
  31. 西本武史, 岡崎玲子, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    コルサコフ症候群に伴う認知機能障害にメマンチンが有効であった1例
    第181回北陸精神神経学会, 2012.01

2011

  1. Kosaka, T.Munesue, DN.Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, M.Asano, K.Narita, T.Murata, M.Omori, H.Okazawa, N.Sadato, Y.Wada
    Oxytocin effect in young males with autism spectrum disorders: An eye-tracking study
    Exploring Autism Research Collaboration Between Japan and United States Joint Academic Conference on Autism Spectrum Disorders,2011.12
  2. 石飛 信, 小坂浩隆, 平谷美智夫
    AD/HDとナルコレプシーの合併を認めた成人女性の1例
    第52回日本児童青年精神医学会総会,2011.11
  3. 小坂浩隆, 石飛 信
    反抗挑戦性障害が併存したAD/HD男児例に対して、柴胡加竜骨牡蛎湯の追加投与が奏功した1例
    第52回日本児童青年精神医学会総会,2011.11
  4. Kosaka, T.Munesue, DN Saito, T.Fujii, H.Yanaka, M.Ishitobi, K.Narita, T.Murata, M.Omori, N.Sadato, H.Okazawa, Y.Wada
    Oxytocin facilitates eye contact in young males with autism spectrum disorders
    Neuroscience 2011,2011.11
  5. Ishitobi, H.Kosaka, K.Shukunami, T.Murata, Y.Wada
    Adjunctive treatment with low-dosage pramipexole for risperidone-induced hyperprolactinemia and sexual dysfunction in a male patient with schizophrenia
    第21回日本臨床精神神経薬理学会第41回日本神経精神薬理学会合同年会,  2011.10
  6. 米田英嗣, 小坂浩隆, 齋藤大輔, 猪原敬介, 棟居俊夫, 岡沢秀彦
    高機能自閉症スペクトラム成人の物語読解
    日本自閉症スペクトラム学会,2011.9
  7. 藤井 猛, 齋藤大輔, 谷中久和, 小坂浩隆, 及川広志, 岡沢秀彦
    海馬歯状回におけるパターン分離による活動と主観的な気分との関係:機能的 MRI
    第34回日本神経科学大会,2011.9
  8. 谷中久和, 齋藤大輔, 河内山 隆紀, 藤井 猛, 小坂浩隆, 島田泰輔, 浅井竜哉, 岡沢秀彦
    注意の違いに関わらず抑制の負荷は脳活動を変化させる:機能的MRI研究
    第34回日本神経科学大会,2011.9
  9. 岡崎玲子, 西本武史, 高橋哲也, 小坂浩隆, 石飛 信, 水野智之, 村田哲人, 和田有司
    5-HT1Aアゴニスト(タンドスピロン)にて認知機能改善を認めた統合失調症の一例-CANTABによる検討
    第180回北陸精神神経学会,2011.9,内灘(口演)
  10. 小俣直人, 成田耕介, 村田哲人, 丸岡伸行, 三屋博宣, 和田有司
    抗うつ薬や気分安定薬がadiponectin分泌に与える影響
    第30回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会,2011.7(口演)
  11. 竹内大輔, 小野壽之, 玉井 顯, 西本武史, 和田有司
    Lithium carbonateが奏功したセネストパチーの1症例
    第179回北陸精神神経学会,2011.6(口演)
  12. T.Yanaka, D.N.Saito, T.Kochiyama, T.Fujii, H.Kosaka, T.Shimada, H.Okazawa
    The response inhibition load dependent activity: a functional MRI study
    Organization for Human Brain Mapping 2011 Annual Meeting,2011.6
  13.  Takahashi, C.Walker, R.Verbiest, K.Ueno, Y.Wada, K.Takahashi, R.Cho
    Effect of amphetamine on neural complexity in schizophrenia
    Society of Biological Psychiatry 66th Annual Scientific Convention & meeting,2011.5
  14. 小坂浩隆, 棟居俊夫, 齋藤大輔, 藤井 猛, 谷中久和, 石飛 信, 成田耕介, 村田哲人,
    大森晶夫, 定藤規弘, 岡沢秀彦, 和田有司
    経鼻オキシトシン投与は自閉症スペクトラム障害者の目の領域への注視時間を延長する
    第33回日本生物学的精神医学会,2011.5,東京(口演)
  15. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 波崎由美子, 松木健一, 岡沢秀彦
    親性発達と神経基盤の関係-青年期男女と育児中の父親・母親の比較-
    第11回日本赤ちゃん学会学術集会,2011.5
  16. 小俣直人, 村田哲人, 丸岡伸行, 三屋博宣, Chi-tso.Chiu, Pablo.Moya, Yan.Leng, hifei.Wang, Joshua.Hunsberger, Pater.Leeds, 藤林靖久, 和田有司, De-Maw Chuang
    気分安定薬の作用機序から見た気分障害の病態生理
    131年会日本薬学会,2011.3(シンポジウム)
  17. 廣瀬 愛, 多田紀彦, 小俣直人, 和田有司
    サインバルタが著効した脳血管性うつ病の1例
    第178回北陸精神神経学会,2011.1(口演)

2010

  1. 片山寛次, 藤岡雅子, 小坂浩隆, 廣瀬宗孝, 塩浦宏樹, 佐藤義高, 渡辺享平, 田畑麻里,
    渡邊恵美, 谷 大輔, 久保博子, 高野智早, 竹之内ひろみ, 山口明夫
    緩和医療における消化器外科医の役割について
    第14回福井県緩和医療研究会, 2010.11, 福井
  2. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 波崎由美子, 松木健一, 岡沢秀彦
    青年期男女の親性レベルの違いが乳児の泣きに対する生体反応へ及ぼす影響
    第51回日本母性衛生学会,2010.11, 金沢
  3. 田中悠二, 小坂浩隆, 小俣直人, 須藤 哲, 森田浩史, 木村哲也, 村田哲人, 和田有司
    覚せい剤精神病の救急受診例について―法的な側面からの考察を含めて―
    第23回日本総合病院精神医学会総会, 2010.11, 東京
  4. 上野幹二, 高橋哲也, 水野智之, 和田有司, Raymond Y. Cho
    統合失調症におけるアンフェタミンのガンマオシレーションへの影響:サンプルエントロピー解析を用いて
    第32回日本生物学的精神医学会, 2010.10, 北九州
  5. 石飛 信
    Influenza B virus感染に伴い初回躁病エピソードを呈した青年期双極性障害の1例
    第51回日本児童青年精神医学会総会, 2010.10, 前橋
  6. 大橋信彦, 上野亜佐子, 黒沼由香, 齋藤有紀, 武田朋子, 中地 亮, 松永晶子, 井川正道, 山村 修, 濱野忠則, 米田 誠, 和田有司
    入眠時異常行動と著明な起立性低血圧をきたし,レヴィ小体関連疾患と考えられた一例
    第21回 福井脳機能画像研究会, 2010.09
  7. 神近哲郎, 宿南憲一, 多田紀彦, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    リチウム中毒を併発した転換性障害の1症例
    第177回北陸精神神経学会, 2010.09, 富山
  8. 田中悠二, 小坂浩隆, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    対応に苦慮した覚せい剤精神病の一例
    第177回北陸精神神経学会, 2010.09, 富山
  9. 多田紀彦, 小俣直人, 廣瀬 愛, 小坂浩隆, 和田有司
    SSRI内服中に薬剤性錐体外路症状を来した老年期うつ病2例における
    第20回日本臨床精神神経薬理学会・第40回日本神経精神薬理学会合同年会, 2010.09, 仙台
  10. Ishitobi, H. Kosaka, K. Shukunami, T. Murata, Y. Wada
    Aripiprazoleの少量追加投与により、blonanserin誘発性高プロラクチン血症の改善を認めた
    統合失調症の1例
    第20回日本臨床精神神経薬理学会・第40回日本神経精神薬理学会合同年会, 2010.09, 仙台
  11. 宿南憲一, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    てんかんの加療中に多嚢胞性卵巣症候群を示した一例
    第3回日本てんかん学会東海・北陸地方会, 2010.07, 名古屋
  12. 石飛 信, 村田哲人, 和田有司
    PLEDsを呈した複雑部分発作を有するてんかんの1例
    第3回日本てんかん学会東海・北陸地方会, 2010.07, 名古屋
  13. 佐々木綾子, 小坂浩隆, 波崎由美子, 岡沢秀彦
    青年期男女の親性レベルの違いが乳児の泣きに対する局所脳活動へ及ぼす影響
    第10回日本赤ちゃん学会, 2010.06,東京
  14. 上野幹二, 高橋哲也, 西本武史, 小坂浩隆, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    遷延した経過をたどったカタトニアの一例
    第176回北陸精神神経学会, 2010.06, 金沢
  15. Takahashi, RY. Cho, T. Mizuno, M. Kikuchi, T. Murata, K. Takahashi, Y. Wada
    Antipsychotics reverse abnormal EEG complexity in drug-nave schizophrenia: A multiscale entropy analysis
    CINP (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum) Biennial International Congress, 2010.06, Hong Kong
  16. Takahashi, RY. Cho, R. Ramaswamy, C. Carter, J. Cohen
    Reliability of fMRI BOLD activations in the cognitive control network during Stroop task
    Society of Biological Psychiatry 65th Annual Meeting, 2010.05, New Orleans
  17. Cho, T. Takahashi, R. Ramaswamy, C. Carter, J. Cohen
    Reproducibility of fMRI BOLD signal in the cognitive control network in the Stroop paradigm
    The 17th Annual Cognitive Neuroscience Society Meeting, 2010.04, Montreal
  18. 田中悠二, 小坂浩隆, 小俣直人, 村田哲人, 和田有司
    ラモトリギン追加投与により発作症状と認知機能が改善した側頭葉てんかんの1例
    第175回北陸精神神経学会, 2010.01, 金沢
  19. 宿南憲一, 村田哲人, 和田有司, 榎戸芙佐子
    季節およびエアコンに関連したパニック障害について
    第175回北陸精神神経学会, 2010.01, 金沢
  20. N. Saito, H.T. Yanaka, H. Kosaka, T. Shimada, H. Okazawa
    The 10 minutes exercise improves attentional ability in undergraduate students International Conference on Brain Function and Development, 2010.01, 福井
  21. Sasaki, H. Kosaka, N. Sadato, H. Okazawa, M. Tanabe
    Basic Research on the Development of Parenthood: Brain Activation Effects of Continuous Learning Experience of Caring for Infants in Adolescent Males and Females, Internattiona Conference on Brain Function and Development
    International Conference on Brain Function and Development, 2010.01, 福井
  22. Kosaka, M. Omori, T. Munesue, M. Ishitobi, Y. Matsumura, T. Takahashi, K. Narita,
    T. Murata, D.N. Saito, H. Uchiyama, T. Morita, T. Mizuno, M. Kikuchi, K. Mizukami, H. Okazawa, N.Sadato, Y. Wada
    Correlations between Smaller brain volume and Autism Spectrum Quotient or Intelligence Quotient in young male adults with pervasive developmental disorders
    International Conference on Brain Function and Development, 2010.01, 福井
  23. Omata, K. Narita, T. Murata, Y. Wada
    Increase of plasma adiponectin by fluvoxamine,
    International Conference on Brain Function and Development, 2010.01, 福井

その他刊行物

2012

  1. 科研費・研究助成金 平成24年度
    1) 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
    統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究
    (研究代表者 和田)
    2) 科学研究費補助金若手研究(B)
    統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ
    (研究代表者 高橋)
    3) 科学研究費補助金若手研究(B)
    広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連
    (研究代表者 小坂)
    4) 科学研究費補助金若手研究(B)
    薬剤性高プロラクチン血症の新規治療法に関する臨床研究
    (研究代表者 石飛)
    5)  科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)
    向社会行動の神経基盤と発達過程の解明
    (研究分担者 小坂)
    6)  受託研究費(脳科学機能)文科省
    自閉症の病態研究と新たな診断技法(診断・予防・治療)の開発
    (研究分担者 小坂)
    7) 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
    地域に生きる高齢者のメンタルヘルス向上のための精神科医療と心理社会的支援に関する
    研究―在宅生活を困難にする精神症状に対する予防・早期介入―
    (研究代表者 東間)
    8) 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
    高齢者の創造性と老年期精神障害の発症予防メカニズムに関する多面的研究
    (研究代表者 高橋)
    9) 学長裁量経費・研究育成経費
    顔刺激による愛着障害の検討
    (研究分担者 小坂)
    10) 学部長裁量経費 (ライフサイクル医学推進学部長裁量経費)
    様々な世代での社会的孤立が情動に及ぼす影響
    (研究代表者 水野)
    11) トランスレーショナルリサーチ推進センター『学内共同研究等』
    小児同胞例を用いた発達障害における脳内神経ネットワーク障害の解明:非線形解析による脳生理学的検討
    (研究分担者 高橋)

2011

  1. 福井大学学長裁量経費・研究育成経費(競争的資金獲得を目指す研究支援)
    亜鉛欠乏によるうつ状態におけるノルエピネフリンの関与に関する基礎的研究
    (研究代表者 小俣)
  2. 福井県大学連携リ-グ連携研究推進
    高齢者の創造性と老年期精神障害の発症予防メカニズムに関する多面的研究
    (研究代表者 高橋)
  3. 受託研究費(組織細胞形態学)文科省
    自閉症の病態研究と新たな診断技法(診断・予防・治療)の開発
    (研究分担者 小坂)
  4. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
    自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか
    (研究分担者 小坂)
  5. 科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)
    向社会行動の神経基盤と発達過程の解明
    (研究分担者 小坂)
  6. 科学研究費補助金若手研究(B)
    薬剤性高プロラクチン血症の新規治療法に関する臨床研究
    (研究代表者 石飛)
  7. 科学研究費補助金若手研究(B)
    広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連
    (研究代表者 小坂)
  8. 科学研究費補助金若手研究(B)
    統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ
    (研究代表者 高橋)
  9. 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
    非ステロイド性抗炎症薬の神経保護と神経毒性に関する脳代謝画像研究
    (研究代表者 村田)
  10. 1) 科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)
    統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究
    (研究代表者 和田)

2010

  1. 研究助成金 平成22年度/福井大学競争的配分経費 気分障害におけるノルエピネフリントランスポーターの役割(研究分担者 小俣)
  2. 研究助成金 平成22年度/福井大学競争的配分経費 統合失調症における脳内ネットワーク障害に関する多面的研究(研究代表者 高橋)
  3. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C) (一般)児童虐待防止をめざした青年期の親性育成に関する心理・生理・内分泌・脳科学的研究(研究分担者 小坂)
  4. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)自閉症スペクトラム障害は双極性障害と関連しているか(研究分担者 小坂)
  5. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(S) (一般)向社会行動の神経基盤と発達過程の解明(研究分担者 小坂)
  6. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)広汎性発達障害者の脳形態・脳機能異常と生物学的マーカー異常の関連(研究代表者 小坂)
  7. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ(研究代表者 高橋)
  8. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金若手研究(B)バルプロ酸の薬理作用と脳内代謝機能に及ぼす影響に関する研究(研究代表者 小俣)
  9. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)非ステロイド性抗炎症薬の神経保護と神経毒性に関する脳代謝画像研究(研究代表者 村田)
  10. 研究助成金 平成22年度/科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)統合失調症の認知障害に関する脳イメージング研究(研究代表者 和田)

精神医学研究室

TEL
0776-61-8363
FAX
0776-61-8136