福井大学医学部

歯科口腔外科学

研究室紹介

教室の目標

 自身の最善を尽くし,常に高い水準を求め続けていく姿勢を持ちながら,責任感と思いやりを持った歯科医師となり,社会に貢献する.

 歯科口腔外科学を基に,生命現象について深く探求する.

 

超高齢社会となり,医療や介護を取り巻く環境は大きく変化してきています.歯科医師は,治療技術の進歩に対応し,専門性を高めるとともに,多職種や他分野との連携を図りながら,歯科保健医療において期待される役割を果たせるように,務めていく必要があります.

当教室では,診療面においては質の高い医療の提供を目指しています.臨床では,口腔外科疾患はもちろんのこと,有病者歯科治療や周術期口腔機能管理など,多岐に渡り幅広く取り組んでおり,様々な症例を経験することができます.口腔外科疾患では,地域の歯科医院や病院歯科口腔外科と連携し,高精度かつ低侵襲な治療を心掛け,入院期間の短縮と早期の社会復帰を目指した医療の提供に努めています.有病者歯科治療では,全身疾患を有する患者さんの増加に対応するため,医科歯科連携・病診連携の推進を図り,安全な治療の提供に取り組んでいます.御高齢の方では加齢や疾患等による全身状態,また自立度等により口腔内の状況も個人差が大きく様々であるため,その方に合わせた医療の提供を行うことも大切になります.周術期口腔機能管理では,保存学や補綴学の知識や技術を活かして,他科に入院される方の早期回復・早期退院を目指した歯科医療の提供を心掛けています.

教育面においては,高い倫理観を持ち患者中心の全人的および包括的な歯科口腔外科医療を行える力を養うことを目標にしています.また,信頼性の高いエビデンスに基づいた口腔外科の専門的治療を提供できる臨床医の育成を目指しています.当施設では患者さんへの説明や,医療の質と安全の管理(感染防御対策や偶発症への対応)も学べ,積極的に自己研鑽を積む習慣も習得できると思います.

研究面では,当施設では研修を行いながら学位の取得が可能な制度があります.口腔外科の課題を学びながら研究手法を習得し,口腔外科学の発展に繋がる研究に取り組むことが可能です.得られた研究の成果を世界に向けて積極的に発信して頂ければと思います.海外への留学も支援しており,グローバルな視点をもった医療人の育成を目指しています.

社会の急速な高齢化に伴い,歯科口腔外科の役割は増加するものと思われます.社会情勢の変化やニーズに対応すべく,今後の歯科口腔外科医療を担う人材の育成が重要と考えております.当教室の在籍者は新卒者に限らず,他大学・病院・歯科医院勤務経験者など,多彩な顔ぶれとなっています.施設の設備や環境も整っており,また自己研鑽の時間も確保できる状況です.ぜひ当教室に入局して,より良い医療人として成長して頂ければと思います.

 

 

歯科口腔外科学研究室

TEL
0776-61-3111
FAX
0776-61-8128
メール
fhiromi@u-fukui.ac.jp